睡眠サプリメントとは夜にしっかりと睡眠を取ることが出来るようにサポートする効果がある健康食品と言えます。ですが医薬品である睡眠導入剤と比較すると即効性はないと言えます。サプリメントなので強制的に眠りを誘う成分は配合することが出来ないのです。ですがサプリメントに含まれる成分の働きにより「興奮状態で眠ることが出来ない」「夜中に目が覚めてしまう」などの状態を根本的に解消することが可能です。だから効果を理解した上で摂取すると質のいい眠りを得ることが可能です。

睡眠サプリの配合成分とは

睡眠サプリメントに配合される代表的な成分がメラトニンとトリプトファンです。この2つの成分を摂取することで体質を改善し質のいい眠りへと導いてくれます。

メラトニンとは

メラトニンとは自然な眠りを促進する「睡眠ホルモン」と言われる物質で日本においては医薬品扱いとなるので日本製のサプリメントには含まれていません。元々は脳内で作られるホルモンで体内時計がきちんと機能している人は夜の睡眠する時間帯になると分泌されるので自然と眠くなります。だからメラトニンを配合したサプリが海外では販売されています。そしてメラトニンは効果は実感しやすいのが特徴です。

トリプトファン

トリプトファンとは体内で生成することが出来ない必須アミノ酸で、脳内の神経伝達物質のセロトニンを生成する原料でもあります。セロトニンは精神安定作用があって睡眠前に目が覚める興奮状態を抑制しメラトニンの分泌を促す働きがあります。そんなトリプトファンは食事により摂取する必要があり、トリプトファンは肉類、乳製品から摂ることが出来ます。ただし必要量を摂取する為にしっかりと肉類と乳製品を食べるようにして下さい。効率よく摂取する方法としては睡眠サプリメントがお勧めです。日本製の睡眠サプリの大半がトリプトファンを含んでいます。

GABAとは

GABAギャバはこの頃健康食品としても注目されている成分でドーパミンといった興奮物質の分泌を抑制する効果があります。だから神経を落ち着かせることが出来リラックス作用があると言えます。そしてリラックスした状態だと自然と睡眠に入ることが出来ます。

睡眠サプリと睡眠導入剤の相違点

睡眠サプリメントとは睡眠導入剤といった医薬品みたいに副作用のリスクがないのが特徴と言えます。だから誰でも気軽に摂取することが出来、栄養補給にも有効と言えます。睡眠サプリを上手に活用することで質のいい睡眠を取り戻すことが可能です。